上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まず脱毛クリームは、アルカリ性の薬剤によって皮膚表面の毛を溶かして除去するものです。
よって、女性ホルモンの働きに似た大豆イソフラボンを毛穴の奥に浸透させることで、ムダ毛を細く、抜けやすくして、成長を遅くらせ、最終的にはムダ毛の悩みとさようなら、ということになるわけです。
しかし人間である以上、自然に生えてくる毛を取り除くということは成長に逆らっていることであり、肌にダメージを与えるとシミなどになって残ってしまうこともあります。
これに対し、自分で脱毛クリームをドラッグストアで購入するとして1ヶ月におよそ1000円かかるとします。


かみそりで剃ったり、毛抜きで1本1本地道に抜いたり、お手頃な脱毛クリームなどを買って試したり、若い頃はレーザー脱毛とかそんな高額な方法はもちろん考えられません。

レーザー脱毛などのような高額な脱毛法ではないにしても、脱毛クリームだって使い続けるには費用がかかってしまいます。
おまけに生え方がバラバラなので、自分で処理するのにも時間と手間がかかります。
この中でもっとも肌に刺激が少ないのは脱毛クリームでの処理だと言われますが、やはり毛が生えているのが人間の自然な状態ですから、どんな方法でも何かしら肌にダメージを起こしてしまいます。

全身の毛は、常にこのサイクルを繰り返しているため、今見えている毛は、成長期のものもあれば退行期に入っているものもあり、また休止期で抜けかかっているものもあります。
ここでは、レーザー脱毛について、お話したいと思います。

最近の日本では、ムダ毛処理が過熱している傾向があるように見えます。

エステでの光脱毛でも同じくらいの料金設定で、キャンペーンなどで半額近くで受けられることもあります。
またビタミンがたっぷり含まれていることで、肌にはりを与える効果もあるそうです。
早くて安くて痛くない、そして永久的に生えてこない、とさかんに宣伝をしているエステティックサロンもあります。
ただ、いずれ医療機関での永久脱毛をしてみたい、と思うのであれば、無理な自己処理を続けて肌を痛めてから行なうよりは、まだあまり手を加えていない傷みのない肌のうちに受けたほうが、肌への負担も少なく仕上がりもきれいだと思います。
女性用、男性用、腕・脚用、顔用、ひげ用などなど・・・
それぞれに脱毛効果や美肌効果などの特徴を謳ってありますが、実際にどれを選んだらよいのか悩みますよね。
また脱毛剤や脱色剤は強いアルカリ性の薬剤を使用していますので、事前にパッチテストをして肌が耐えられるかチェックしてから使用しましょう。

女性の悩みの一つにムダ毛処理の方法があります。
?そこにレモンを絞って汁を混ぜるのですが、レモンの皮の油が入らないように気をつけてください。
効果は同じですので、脱毛する部位によって自分の使いやすい方を選んでください。
抑毛効果のある成分を含んでいる商品もあり、それらは毛根まで薬液を浸透させることで毛の成長を抑えることができるのですが、どのタイプにしても規定の放置時間は守るようにしてください。
いろいろな種類がありますが、大抵どれもパッケージには同じようなことが書いてあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。