上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロマエッセンスをオイルと混ぜてアロマオイルを作りマッサージするというのは、鼻からの香りの作用と皮膚からの吸収とダブル効果が期待できます。
少しお疲れ気味の時は、森林浴をしている気分になれるローズウッドをベースに、効能によっては明るい気分に持って行きたければ柑橘系を混ぜ、リラックスしたい場合はラベンダーや甘い香りを混ぜるなど、そのときの気分に合わせて調合できるところがアロマテラピーの魅力ですね。
アロマオイルを使ってマッサージするだけでも血行は良くなりますが、肩凝りなどがひどいと時にはローズマリーなどの血行を良くするエッセンスを使うとさらに効果が期待できますね。
ただ、妊婦の方はゼラニウムのエッセンスは早産の危険性の効能があるので、妊娠初期のご使用は控えてください。
アロマエッセンスは木や花から抽出したエッセンスを凝縮した物です。なので直接肌に付けるとかぶれの恐れがあります。
必ずオイルと混ぜてアロマオイルを作ってから使用しましょう。
自分で自分をマッサージするには限界があります。特に背中は血行も促されるのでとても気持ち良いものです。
ぜひアロママッサージ店へ足を運んだり、パートナーや友人らにお願いするのも良いかと思います。
アロマオイルでマッサージし終わった後は、軽く体を拭いても良いですしそのままでも良いです。
アロマオイルは多少皮膚から吸収されますが、数時間後には飛んでしまいます。
マッサージ後にほのかに香るアロマの香りは、しばらくの間も癒しの効能がありそうですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。